2009年06月28日

光る葉っぱの謎

きのこクラブの仲間8名で熊野市のシイノトモシビタケ鑑賞に行ってきた。(「シイノトモシビタケツアー」と称して3〜4年前から毎年この時期に実施しているものだ。)
今回は不順な天候の影響もあり、シイノトモシビタケがまだ発生しているかどうかちょっと心配だったが、問題なくシイノトモシビタケは発生を続けていて、その神秘的な光を十分堪能することができた。

今回、再び見ることが出来れば良いなあと思っていたのが、この光る葉っぱだ。
DSC_3242090627.jpg
< D300 SGMA 17-70mm F4.5 30sec ISO3200 f=70mm >
最初、現地に到着したときにはさっぱり見えなかったのだが、しばらくして闇に目が慣れ、辺りが真の闇に包まれる頃にははっきりとその光を見ることが出来た。まるで月の光の木漏れ日のように足下の落ち葉がモザイク模様に光って見えるのだ。
ある意味これはシイノトモシビタケの光りより神秘的!しばしみんな感嘆の声に包まれた。
この光はシイノトモシビタケと比べてもかなり弱いものだけど、なんとか今回写真にも収めることができた。(ちょっとピンぼけ写真でしたが・・)

光る葉っぱは、表面に菌糸が蔓延しているような様子もなく、光を当てると普通の落ち葉と何ら変わらない。
DSC_3245090627.jpg
< D300 SGMA 17-70mm F5.6 1/60sec ISO400 f=70mm >
恐らくこれはシイノトモシビタケが発生しているのと同じスダジイの葉だと思われる。そして、この周辺を調べてみた限りでは、スダジイの葉以外ではこの発光現象は見られないようであった。
これがシイノトモシビタケと同じ菌なのかどうかは簡単には調べられないだろうが、その可能性も考えられなくはないだろう。

これは、この日撮影したシイノトモシビタケの写真だが、発生している腐朽木の表面が光る葉っぱと同じように光って見える。
恐らくこれはシイノトモシビタケ自体の光が反射しているだけだと思うが、ひょっとすると光る葉っぱと同じような現象なのかも知れない。
DSC_3237090627.jpg
< D300 SGMA 17-70mm F8 30sec ISO1600 f=70mm >
posted by gajin at 21:33| Comment(3) | TrackBack(0) | きのこ
この記事へのコメント
毎年、シイノトモシビタケの画像を指をくわえてみています。いいなー。来年は実物を見に行ってみたいなあ。。この神秘的な葉っぱも気になるし。
Posted by もせて at 2009年06月28日 22:51
シイノトモシビタケをむしって、
その跡が光るかどうか調べてほしいです。
きっとヒンシュクモノだと思いますが。
Posted by KOH at 2009年06月29日 01:07
もせてさん、KOHさん、どうもです。
来年はぜひ一緒に見に行きましょう。

↓これ見るとやっぱり反射して周りがけっこう光ってますよね。
http://gajin.sakura.ne.jp/gazouokiba/Mycena_lux-coeli050612.htm

恐らく、この葉っぱを光らせている菌(?)はシイノトモシビタケの菌とは別物ではないかと私は思っています。
Posted by gajin at 2009年06月30日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30151161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック