2015年09月22日

ルリハツタケ

松阪市内のルリハツタケ発生地2か所を巡ってきた。
最初に行った1か所では残念ながら発生が確認できなかったが、2か所目の場所では幼菌から老菌まで美しい姿を確認することができた。

これはまだ発生してきたばかりの幼菌
濃い瑠璃色がいちばんきれいな頃だ。
150922_092516_J5_DSC_0618.jpg

これは柄がすらっと伸びた成菌
乾燥のためか傘に割れ目ができており、幼菌に比べるとやや黄色みが強くなってきている。
150922_093819_J5_DSC_0635.jpg

これはもう老菌と言っていいだろう。
傘の色の黄色みがかなり強くなってきており、ナメクジではない何者かに傘を喰われてしまっている。
150922_094424_J5_DSC_0643.jpg

幼菌の発生状況はこんな感じ
150922_094209_J5_DSC_0640.jpg

このルリハツタケ発生地では、他のきのこはほとんど目に付かなかったが、アケボノドクツルタケが少し発生していた。
150922_091102_TG4_P9220008.jpg


posted by gajin at 22:33| Comment(0) | きのこ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]