2015年09月03日

またしても雨降り続く・・

いつもの年ならカラカラ天気が続くはずのこの時期になぜか雨が降り続いている。例年より1か月早く秋の長雨の時期がきてしまったようだ。
それに合わせてきのこも出始めているようなので、昨日、久しぶりに関町の観察地を訪ねてみた。

これは、道端で一番最初に出迎えてくれたキイボカサタケ
シロイボカサタケも目に付いたが近づきにくい場所だったので写真はなし。
今度こそはと期待していたソライロタケは発生を確認できなかった。
150902_080317_J5_DSC_0397.jpg

もう一つの目的だったニセマツタケは予想どおり発生を始めていた。
あと1週間もすれは傘が開いた姿を見ることができるだろう。
150902_081403_J5_DSC_0408.jpg
言っておくが、ニセマツタケは食用的価値はほとんど無いからね・・。

これはたぶんズキンタケ
150902_081807_TG4_P9020003.jpg

そしてこれがアカエノズキンタケだろう。
150902_090005_TG4_P9020028.jpg

コウボウフデの幼菌はもうこれくらいに成長していた。
すでに子嚢を観察するには遅すぎるかも知れない。
150902_082102_TG4_P9020007.jpg

赤土の崖地に白っぽいニセショウロの仲間らしきものが幾つか発生していた。
150902_090038_TG4_P9020030.jpg

古いものはこんな風になっていて、やっぱりニセショウロの仲間だろうと思われた。
しかし、念のため採集してみると非常に硬い肉質で、割ってみるとやっぱりこれもコウボウフデの幼菌だと分かった。
150902_090101_TG4_P9020031.jpg

良く分からないイッポンシメジ属の半菌輪
150902_084453_J5_DSC_0418.jpg

砂岩の壁面に発生したハナガサイグチとアケボノアワタケ??
150902_090721_J5_DSC_0426.jpg

コビチャニガイグチ
150902_083835_J5_DSC_0415.jpg

ブドウニガイグチ??
150902_094214_J5_DSC_0442.jpg

ダイダイイグチ
150902_093324_J5_DSC_0438.jpg

小型のキヒダタケの仲間
150902_094209_TG4_P9020037.jpg

アカマツの枯れ木に発生したヒメカバイロタケの幼菌とヒカゲヒメチチタケ?
150902_091509_TG4_P9020032.jpg

舗装道路の脇に出ていたアンズタケ
150902_095448_J5_DSC_0445.jpg

ベニウスタケはあちこちにたくさん発生していた。
150902_093128_J5_DSC_0434.jpg
アンズタケの仲間は、この他にもミキイロウスタケや小型のアンズタケ似(ヒナアンズタケに非ず)2種くらいが見られた。

成長しきったナラタケモドキ
150902_100441_J5_DSC_0449.jpg

道端のコテングタケモドキ
150902_102231_J5_DSC_0454.jpg

シロオニタケは雨に打たれて刺が落ちてしまったものが多かったが、これはこの朝発生したのかとてもきれいな姿をしていた。
150902_102530_J5_DSC_0457.jpg

この他にも、リュウコクヒナベニタケ(仮)や不明のイグチ3種くらいなどなど久しぶりにたくさんのきのこを見ることができた。やっぱり雨が降り続くときのこがたくさん出てくることを実感・・。

posted by gajin at 18:29| Comment(0) | きのこ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]