2008年06月18日

昼休みのきのこ

例によって昼休みのきのこ観察。
職場近くの公園のでは、今のところきのこの発生はとても少ない。それでも今日はミドリニガイグチの幼菌を見つけることができたから、夏きのこ発生の準備は着々と進んでいるみたいだ。あと1週間もすれば、この公園のきのこも大爆発をしそうな予感がする。なんとなくですが・・。
DSCN1298.jpg
< CoolPix S5 F3.7 1/60sec f=8.8mm >

これは、撤去された便所の跡地に次から次と発生しているワカフサタケ属のきのこ。ヒメワカフサタケかアカヒダワカフサタケあたりのきのこだと思うが詳しくは調べていない。何年も前から観察していないと、なぜこんなところにアンモニア菌が大発生しているのか分からなかっただろう。
DSCN1304.jpg
< CoolPix S5 F3.7 1/25sec f=8.8mm >



posted by gajin at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして。ブクリョウの子実体検索で辿り着きました。
楽しくブログ拝見させて頂きました。

ふと気になったのですが、何度が登場する公園ですが
もしやK公園でしょうか・・・?小生もよく写真撮影に行くので。

勘違いであれば申し訳ないです。それでは。
Posted by 匿名やや希望 at 2008年07月20日 21:29
度々スミマセン。
自己解決しました。やはりK公園ですね。
昨年9月21日撮影のヤナギマツタケ。
その3日後の姿を撮ってました。
その他にも見覚えのある個体がチラホラ。

色々な会に参加してらっしゃるのですね。
自分も仕事場から近いです。
一度御一緒してみたいものです。
Posted by 匿名やや希望 at 2008年07月21日 22:19
匿名やや希望さん、はじめまして。
そう、お気づきのとおり私の昼休み徘徊公園はK公園です。今年は7月に入ってから雨が少なかったせいか、きのこの発生量も非常に少なかったですね。梅雨が明けて真夏の太陽ぎらぎらの季節になると、さずがに昼休みの徘徊も気力が無くなってしまいます。次の発生ピークは9月下旬頃でしょうか。日を決めてお会いできると良いですね。
Posted by gajin at 2008年07月21日 22:38
gajinさま、お返事ありがとうございます!
やはりそうでしたか…。下草や岩に見覚えがあるな、と。

最近だと19日にも行きましたが、確かに乾燥が進んでいて
発生量が少ないですね。楽しみだったミヤマタマゴタケ?
(白いの)も昨年のような大発生を確認できませんでした。

ほぼ毎週見に行っていますが、
9月下旬の件、是非御一緒したく思います。
またブログ、チェックさせて頂こうと思います。それでは。
Posted by 匿名やや希望 at 2008年07月21日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16149775
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック