2008年02月02日

オリンパスE-330

顕微鏡撮影用に手に入れたオリンパスのE-330を使ってみた。
とは言うものの、顕微鏡との接続用パーツがすぐに手に入らないため、顕微鏡写真ではなくて近くの公園の花などを撮ってみた。

P2020019.jpg
< E-330 F8 1/160sec f=14mm ISO100 >
色再現に若干くすんだところが見られるが、画像のポテンシャルは非常に高いようだ。特にハイライト部のダイナミックレンジはとても広く、ニコンD300の14bitRAWと比較しても遜色が無いくらいだ。

P2020031.jpg
< E-330 F8 1/50sec f=45mm ISO100 >
レンズは、E-330のレンズセットになっていた普及タイプの14-45mm。最短撮影距離が38cmと長めだが45mm側ではこれくらいまで寄ることが出来る。(花はハナキリンの仲間)

P2020051.jpg
< E-330 F8 1/125sec f=14mm ISO100 >
E-330の可動式モニター&ライブビューによるローアングル撮影は、やはり非常にやり易い。
もう少し寄れるレンズが手に入れば、これをきのこ撮影のメインに使いたいくらいである。
posted by gajin at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10411969
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック