2015年11月10日

今ごろオオイチョウタケ!?

家の近くの林道を気晴らしにバイクで走ってみたら、道端に大型の白いきのこが出ているのが目に入った。
151110_145902_TG4_PB100010.jpg

最初、ベニタケの仲間のように思えたが、このような杉林だし・・
抜いてみると意外に新鮮で、オオイチョウタケに間違いないように見えた。
151110_150054_TG4_PB100013.jpg
しかし、オオイチョウタケといえば彼岸を過ぎたくらいの比較的暖かい時期に発生するきのこではなかったのか・・? 頭の中が??となる・・。

傘のかけらをポケットに入れて持ち帰り検鏡してみた。

ひだをカバーグラスの上に乗せると、短時間で多数の胞子が落下した。
これはドライで観察した画像
151110_154759_X5_IMG_0538.jpg

こちらは水封して偏斜照明を当ててみたもの。
サイズは平均で 6.3×4.1μm 程度
151110_155536_X5_IMG_0550.jpg

メルツアー試薬を加えるとアミロイド反応を示した。
151110_160006_X5_IMG_0552.jpg

ひだ断面には特に目立ったシスチジアなどの組織は無いようだ。
151110_161133_X5_IMG_0555.jpg

KOHでばらした子実層(フロキシンで染色)
151110_161846_X5_IMG_0559.jpg
ひだ実質の菌糸にはクランプがあり、担子器基部にもクランプがあるようだ。

傘表皮は細い菌糸が絡みながら平行に走っているようだが、最も外側の菌糸の状態はぼやけていて良く分からない。
151110_164051_X5_IMG_0565.jpg

コンゴーレッドで染色してKOHで潰してみると菌糸の状態は良く見えるようになった。
151110_164619_X5_IMG_0569.jpg

傘表皮の菌糸にも大型のクランプが確認できる。
151110_164756_X5_IMG_0572.jpg

以上の検鏡結果は全てこれがオオイチョウタケであることを指示している。

しかし、こんな時期にオオイチョウタケが発生するとは・・
今年はもう終わりと思っていたマツタケ山にももう一度行ってみなければなるまい。(←ウソ)


posted by gajin at 23:53| Comment(2) | きのこ