2015年09月07日

海岸のシバフタケなど・・

長く雨が降り続いているので海岸のきのこも何か出てきているのではないかと思い、香良洲町の海岸を訪ねてみた。

海岸には台風15号の影響と思われる漂着物が思いのほかたくさん流れ着いていた。おそらく伊勢湾岸の海岸はどこもこんな状態なのだろう。撤去には莫大な労力が必要となる。
150907_081655_TG4_P9070002.jpg

コウボウシバの中からスナジホウライタケが出てきているように見えたが、良く見るとこれはシバフタケのようだ。海浜のコウボウシバやコウボウムギの群落にもシバフタケは生えるようだ。
150907_082117_TG4_P9070006.jpg

期待していたケシボウズなどの発生は確認できず、海浜とはあまり関係のないツノマタタケが埋もれた木材らしきものから発生していた。
150907_081842_TG4_P9070005.jpg

クロマツの老木が多い香良洲公園でも発生しているきのこは非常に少なく、一番目立ったのがこのヒメコガネツルタケだった。
150907_083851_TG4_P9070013.jpg

その他には、このツルタケダマシ?や・・
150907_084008_TG4_P9070015.jpg

コツブタケなどが見られたくらいだった。
150907_084250_TG4_P9070019.jpg

香良洲町から早々に引き揚げて、今度は家の近くの公園に行ってみた。
するとここでもやっぱりシバフタケがたくさん発生していた。
150907_102306_TG4_P9070029.jpg

これはたぶんヒカゲヒメチチタケ
150907_102134_TG4_P9070025.jpg

ハマクサギタマゴタケ(仮)は、ここでもたくさん発生していた。
150907_102530_TG4_P9070031.jpg

ウッドチップのきのこは、なぜかまだ少ない。
キツネノタイマツを撮影したら偶然飛んでいるハエが写っていた。
150907_102602_TG4_P9070033.jpg

ツブカラカサタケらしききのこはまだ頑張っていた。
150907_103014_TG4_P9070039.jpg

別の場所ではアカハテングタケも発生していた。
150907_103453_TG4_P9070043.jpg

良く分からないシロハツの仲間
150907_103922_TG4_P9070045.jpg

アセタケの仲間は3-4種類があちこちに群生していた。
なぜかキツネタケの仲間はまったく発生していない。
150907_104406_TG4_P9070048.jpg

スミレホコリタケと思われる残骸
150907_104253_TG4_P9070047.jpg

これはヘビキノコモドキだろう
150907_104819_TG4_P9070049.jpg

大型のヤマドリタケモドキが1本だけ出ていた。
後ろに写っているのはやっぱりハマクサギタマゴタケ・・
150907_104916_TG4_P9070050.jpg

posted by gajin at 22:59| Comment(0) | きのこ